整備の自社工場は持っていない中古車屋も多数あり、提携先を探す事で対応可能です。

整備工場がない場合は提携工場を用意する。自社工場がなくてもできる中古車屋

MENU

整備工場の必要性と種類

 

中古車屋を開業させる為には、「整備工場を持たないといけないのでは?」と懸念する人も多いです。

 

整備士の資格を持っている人や、店構えで信用を集めて新規客を集客したい人は、整備工場を併設した中古車屋を持つ事もオススメです。

 

しかし、開業資金や整備のノウハウなどの都合で整備工場を持てないという人でも中古車屋を開業させる事ができます。

 

 

整備工場を持たない場合は、提携工場を用意しておく

 

中古車屋は、整備ができなくても開業する事は可能です。

 

しかし、販売する車の納車前点検や、クレーム対応などで、最低限の修理・整備対応は必要になります。自社で持たない場合は、提携工場を用意しておくようにしましょう。

 

安く対応してくれる事も大切ですが、中古車販売は、クレーム対応や、予期せぬ故障が発生するなどイレギュラーな事も多いです。

 

なるべく融通をきかせてもらえる業者を確保しておくようにしましょう。

 

 

 

整備工場にはいくつかの種類がある

整備する男性の画像

 

中古車屋を開業させる場合には、整備工場を併設するかに関わらず、整備工場の種類を把握しておく事が必要です。

 

一般的に修理工場は、

  • 指定工場
  • 認定工場
  • その他の一般工場

の3種類に分類されます。

 

本来、車の分解整備をする場合には、国土交通省の許認可を取る必要があります。
管轄の陸運局に申請し、審査に合格した場合には、認定工場として国の公認整備工場となります。

 

車の整備は、認定を取らないで運営しても特に罰則がなく、小規模の業者などでは認定を取らずに運営している所も多くあります

 

自分で開業する場合も、しっかりとした工場を持たなくても、ジャッキや工具を使用して簡単な整備や点検・分解を行う事も可能です。

 

認定工場の中でも、更に厳しい審査を合格した場合には、本来陸運局で行う車の検査を代行できる指定工場を取得する事ができます。

 

 

指定工場の最大の特徴は、陸運局に車を持ち込まなくても、自社で用意した検査ラインを通す事で車検を通す事が可能になります。

(後日新しい車検証のみ、陸運局へ取りに行きます。)

 

新車ディーラーや民間車検センターが1日車検や、土日対応可能などと運営しているのは、自社で運営している指定工場という理由です。

 

提携工場を探す場合は、できれば指定工場を選ぶと、車検を通す際にスピーディーな対応をしてもらう事ができて便利です。

 

指定工場を取得する為には、認定工場として長年車検(持ち込み)業務をこなしてきた実績などが必要になるため、整備工場を併設した中古車屋を開業させても、すぐに指定工場の認証を受ける事はできません。