中古車屋を開業する為に揃えておきたい備品と設備を紹介しています。

簡単な道具で始められる中古車屋。まず最初に必要な備品と設備とは?

MENU

必要な備品と設備

 

中古車屋を開業させる為には、揃えておかなければいけない必要な備品や設備があります。

 

大手であれば、ディーラーナンバー(ナンバーがない車を回送させる為のもの)やローダー(車両積載トラック)などまで用意していますが、ここでは開業に必要な最低限の備品と設備を紹介します。

 

<最低限必要なスキルについてはこちら。>

 

 

中古車屋に必要な備品と設備

 

プライスボード

中古車のフロントガラスに車両価格や年式、走行距離などを提示する為のボードです。
店頭販売をするのであれば、最低限揃えておきたい備品です。

 

ネット通販などで、1枚3000円前後で売られています。
仲の良い業者がいれば、余っているボードを安く譲ってもらえる場合もあります。

 

 

旗やアーチ

中古車のタイヤに土台をかませて、旗(中古車販売や、Goo、カーセンサーなどの旗)を掲げたり、ビニールの花のアーチなどを付けておくと、中古車屋っぽくなり、店頭の印象が良くなります。

 

 

洗車グッズ

洗車する男性の画像

店頭販売する中古車は、適度に洗車をしておく事が必要です。

 

店頭で並べている車を動かさなくても洗車できるような、長いホースや、家庭用のスポンジなどを用意しておきましょう。

 

その他、内装を綺麗にする為の掃除機や、インパネなどの艶出しオイル、車の見栄えを良くするタイヤワックスなどを揃えておくとよいでしょう。

 

 

パソコン、プリンター、FAX等

FAXの画像

中古車を売るためには、契約書や見積書を発行する必要があります。パソコンやプリンターなどの設備は最低限揃えて見積書などの作製ツールもあると望ましいです。

 

ローン会社や、保険会社、同業他社とのやり取りではFAXを利用する事が一般的ですので、固定電話だけではなく、FAXも用意しておきましょう。

 

 

最低限の工具

自社で整備を行わない場合でも、
最低限のメンテナンスができる工具やジャッキは揃えておくと便利です。

 

中古車屋で活躍する機会が多いのは、バッテリーケーブルです。
できれば、バッテリーあがり専用の機材や、充電器を用意しておく事をオススメします。

 

 

名刺

金額が大きい物を扱うサービス業ですので、名刺は必須です。中古車屋は、車を見に来た顧客にも名刺を渡す必要があるので、まとまった量を用意しておく事がオススメです。